designers house TOIRO

家づくりのコンセプト

家づくりのコンセプト

世界にひとつだけの家づくり

人生観だって、価値観だって家族によって違うはず。

注文住宅で大切なのは土地の形や、器としての家づくりではありません。
一つ一つの家族の生活スタイルが違うように、土地の形も家の形も違うのは当然です。
大切なのは、お客様の生き方や人生観を理解すること。
そして、ご家族の夢を、世界にたったひとつの家づくりに反映していくことです。

家も魔法びんのように

暑さも寒さも苦手だから夏は涼しく、冬は暖かく

同じ温度設定をしても、家の造りや性能により暖かさ涼しさは違います。
それは、効率のよい気密性・断熱性を取り入れているかどうかの違いです。
「暖かい空気は軽い」という自然の摂理と「24時間計量換気システム」を取り入れることで、
結露対策を施し、建物全体の温度差を最小限にする高気密化、高断熱化を実現しました。
そのため、エネルギーにムダがないクオリティの高い室内と、
耐久性の高い住まい環境を作りだしています。

コストダウンには工夫がある

ルートとルールを整えると注文住宅のコストも変る。

高価な材料、特別な素材を使うからいい家といえるのでしょうか。
たとえば、料理でも、高級なデパートの素材で作るから美味しくなるのではなく、
品質が同じものなら農家から直接買付けても同じように美味しいはずです。
注文住宅の家づくりも、何もかも同じルートや同じルールでする必要はありません。
とりわけ高くなりがちな建材を独自のルートで共同購入します。
そして、手間のかかる職人さんの仕事を短縮するため、合理的な独自のルールを設けました。

守られているから心強い

地震がおきても安心してくらせる家づくり

現在、地震に対する工法は大きくわけて3つあります。
揺れを伝えにくくする"免震工法"と、揺れを吸収する"制震工法"
そして、地震に負けない強い壁を取り入れた"耐震工法"です。
TOIROでは、建物全体を木造モノコックという面で支える"耐震工法"をとっています。
その理由は、建物の条件に制約がある免震工法や制震工法と違い、
構造自体が強く耐久性もあり、しかも、コストを抑えて高い効果が得られるからです。

環境にやさしい木造の住まい

日本の木造住宅って人と環境にやさしい

地球温暖化やCO2が問題になる昨今、家づくりも環境に対してやさしい素材、
やさしい工夫、やさしい技術が求められています。そのため、作る側の意識改革も必要になってきます。
TOIROでは、少しでも環境に負担をかけない木造住宅にこだわります。
なぜなら、木はその内部にCO2を埋蔵してる環境にやさしい優れた自然素材だからです。
しかも、木造住宅は森林のように自然に呼吸し、生産から廃棄までのシステムも
人工素材とは違い地球環境に負担を与えることが少ないものなのです。